皆さま

謹賀新年。明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

日本に遅れること8時間。

パリも新年を迎えました。

街中には酔っ払いだらけ。

楽しさと危険が混じった夜ですが、知人の家でパーティーをしてきました。


皆さんの新年の幕開けはどうでしたか?

今年一年がより一層良い年になることをお祈り申し上げます。



めぐみ
[PR]
アメブロを始めました。
携帯から写真を撮って掲載できるので便利かなと思いまして。そちらでは、街をブラ~と歩いていたり、日々を過ごしている上で気になったことをその場で写真を撮って掲載してます。まだ初めて3日目。今のところ毎日1件書いてます。というのも、手間がかからないから(笑)それだけ。

こちらはあくまで旅行っぽい内容のみ載せていこうと思ってます。

ではでは、もうひとつのブログを訪ねてみてください。
→リンク
[PR]
ではでは、町の中の写真です。
d0004413_124459.jpg

石造りで、迷路のような路。常に登ってるんです・・・。

町の多くはお土産屋さんとなっています。

店員さん(住民の方々?)は道端に座って井戸端会議中。のんびりとした時間が流れてます。

d0004413_17470.jpg


観光客は絶え間なくやって来ていました。

ちなみに、
日本語で書かれたEZE(エズ)の町の地図つき観光案内書もありましたよ060.gif060.gif060.gif060.gif

もちろん無料。日本人観光客も多いんでしょうね001.gif

EZE(エズ)へはバスが出ているようなので、バスをお勧めします。
電車の駅もありますが、山を下った海近くにあります。山登りがしたい人以外にはお勧めできません。


あっ、余談ですが、EZE(エズ)には超~高級ホテルがあるようです。
チラッとみたのですが、値段が!?
あと、高級車の中の高級車と言える車しか停まってませんでした。
スポーツカーから降りてきたムッシュも黒スーツで、髪もビシッ!!ときまっていました。

モナコに近くて景色が良いのが魅力なんでしょうか。

私には縁遠い場所です(笑)
[PR]
南仏を訪れた時に絶対行きたかった場所。遠いと言われようと譲れなかった町。

それが、EZE(エズ)072.gif072.gif072.gif

ガイドブックで一目見た時から、絶対にここには行きたいと思ってました。

地中海からすぐ近くに連なる山々。
その一つにこの町はあります。

ニースとモナコの間に位置し、山の中腹よりちょっと上に登ったところに現れる小さな城塞都市。
この地方特有の町だそうです。

確かにこんなに登って攻めてきた敵はヘトヘトに違いない!!!

そのEZE(エズ)の町の入口です。
d0004413_0575570.jpg

人口100人もいるかなというくらい小さな町。

モンサンミッシェルに行ったことあるかた。雰囲気は似た感じです。でももっと小さくした感じ。

この町の中から見た地中海。
d0004413_0593152.jpg

空と海が繋がって見えてますね。
[PR]
昨日に引き続き、靴屋さんです。

読んでいただいてる方は日本にいらっしゃる方がほとんどだと思うので、
宣伝をしているつもりはありません。

ただ、フランスで流行っている靴に興味がある方がいるかと思って書いてます003.gif003.gif


『フランスで売れる靴。』

一言で言うと、シンプル!!!
で、色はかなりの人が黒!!!

カラフルな色の靴は売れ残ります。。。パリにはフランス人以外も住んでいるので、一概には言えませんが、フランス人は黒、茶色などを好みます。基本的に地味です。

この夏に流行したのはこちら。
d0004413_0343192.jpg

サンダルですが、この形であることが重要でした。このサンダルは茶色が多く売れました。品切れ多発です。

他にシンプルな靴の例。ヒールがないものをフランス人はよく履いています。
d0004413_03619100.jpg

細いヒール付きの靴やカラフルな靴は、フランス語でソワレという夜のお出かけに身に付けます。
ディナーやクラブ、バーに行く時ですね。

それ以外はシンプル!!!

なぜっ??

それは石畳の道が多いフランスの道でヒールは大変だから。
たぶん。私はそう思います。
一日でヒールの周りがボロボロになっちゃうんですよ。。。

新品が一日で・・・007.gif007.gif007.gif007.gif

私も怠けてべた靴が多いこの頃。いかんいかんと思いつつも、やっぱり楽。
日本人女性として、ヒールも履こうと思う今日この頃です072.gif072.gif
[PR]